News

高野寛 LIVE 2017「new songs」

高野寛 大阪・ワンマンライブ開催決定!

久しぶりに高野寛さんをお迎えします!
25周年記念ツアー以来です。

これまでの色とりどりの魔法のようなポップスはもちろん、
書きためている新曲からも披露していただきます。

会場は響きの良い「登録有形文化財」島之内教会。
これから向かう新しい世界を共有する時間になるでしょう。

お席のご予約完売!現在、立ち見のみ若干受付中!!


日程|2017年1月28日(土)
会場|島之内教会(大阪市中央区東心斎橋1-6-7)
時間|開場 17:30 / 開演 18:00
料金|前売 4,200円 / 当日 4,700円

アクセス:地下鉄御堂筋線「心斎橋」駅 徒歩約7分 / 地下鉄堺筋線「長堀橋」駅 徒歩約3分

 [ご予約&お問い合わせ]
cowandmouse1110@gmail.com / 080-3136-2673 (ハルモニア)

※件名に[高野寛 大阪公演]と明記の上、
お名前(フルネーム)・お電話番号・チケット枚数をご記入いただき、
上記メールアドレスにお申し込み下さい。
確認後、ご購入方法などを折り返しご返信致します。

企画制作:Cow and Mouse

■高野寛
シンガー・ソングライター/ギタリスト/プロデューサー
1988年ソロデビュー(高橋幸宏プロデュース)。
代表曲は「虹の都へ」「ベステンダンク」(共にトッド・ラングレンプロデュース)、
「夢の中で会えるでしょう」(坂本龍一プロデュース)など。
世代やジャンルを超えたアーティストとのコラボレーションも多数。
ギタリストとしてもYMO・TEI TOWAをはじめとしたアーティストの
ライブ・レコーディングに多数参加し、
坂本龍一や宮沢和史のツアーメンバーとして延べ20カ国での演奏経験を持つ。
GANGA ZUMBAやpupaなどのバンド活動も多数。
デビュー25周年を迎え、ブラジル・リオ・デ・ジャネイロで録音した
アルバム「TRIO」をリリース。
同時発売で高野と交流の深いアーティストたち(高橋幸宏、岸田繁(くるり)、
ハナレグミ、畠山美由紀&青柳拓次、etc…)が参加した
トリビュートアルバム「高野寛 ソング・ブック」がリリースされた。
近年はサントリー「GREEN DA・KA・RA」のCMソングの歌唱を担当。
2013年より、京都精華大学ポピュラーカルチャー学部・音楽コース特任教授に就任。
http://www.haas.jp/


クリエーターズ・サイト「note」にて新曲・未発表曲 配信・販売中!!https://note.mu/takano_hiroshi/m/m2c316066693b

 

 

青葉市子 5thアルバム発売記念ライブ「まぼろしや、ほろぼしや。」@兵庫・芦屋仏教会館

細野晴臣や坂本龍一など、名だたるアーティストが絶賛する
気鋭の音楽家 青葉市子 ワンマン 芦屋公演 開催決定!

シンガーソングライター、青葉市子が3年ぶりとなる
5thアルバム『マホロボシヤ』を10月19日(水)リリース!
タイトルには“まほろばのある星”という意味が込められています。

このアルバムの発売記念ライブを芦屋川のほとりにある
寺院の様な、教会の様な、不思議な風情のある「芦屋仏教会館」にて開催。

当日は奈良生駒より「MAHO-ROBA」のフードもスタンバイです。

マホロバ(素晴らしい場所)での
マボロシ(幻)のような時間をお楽しみください!


日程|2016年11月23日(水・祝)
会場|芦屋仏教会館(芦屋市前田町1-5)
時間|開場 17:00 / 開演 18:00
料金|前売 3,500円 / 当日 4,000円 (ドリンク代別途)
出店|MAHO-ROBA(奈良・生駒)

アクセス:阪急芦屋川駅:徒歩約7分 / JR芦屋駅:徒歩約9分 / 阪神芦屋駅:徒歩約13分
 
[ご予約&お問合わせ]
cowandmouse1110@gmail.com / 080-3136-2673 (ハルモニア)

 

青葉市子.jpg


青葉市子 / ICHIKO AOBA
音楽家
1990年生まれ。
2010年、1stアルバム『剃刀乙女』でデビュー。
2016年10月に5枚目となる3年ぶりのソロアルバム「マホロボシヤ」をリリース。
舞台作品では『レミング~世界の涯まで連れてって~』
『cocoon』『0123』への出演や朗読劇『みつあみの神様』の音楽を担当。
その他CM音楽、ナレーション、イラスト、作詞家、エッセイ等様々な分野で活動中。
http://www.ichikoaoba.com/

 

20160830-aobaichiko03.jpg

青葉市子 『マホロボシヤ』
2016年10月19日(水)発売
1. the end
2. ゆさぎ
3. マホロボシヤ
4. 氷の鳥
5. おめでとうの唄
6. ゆめしぐれ
7. うみてんぐ
8. 太陽さん
9. コウノトリ
10. 神様のたくらみ
11. 鬼ヶ島

<青葉市子 コメント>
前作から、3年が経ちました。
いろいろなことが変化して、でも、どうしたって変わらない部分もありました。
遠くなったり近くなったりするだけで、離れることがない、この世界のあれやこれやが、
ある部分ではとても仲良く、一緒にいられるように、マホロボシヤを作りました。

 

本日10月11日(火)の「マイア・ヒラサワ 三重公演」に関して

本日10月11日(火)のマイア・ヒラサワ@三重・radi cafe apartment公演ですが、
マイア・ヒラサワの喉の不調のため、
本人と協議の結果、公演を中止させて頂くことになりました。

ライブを心待ちにしてくださっている三重の皆様のために、
マイア自身も直前まで悩み、午前中に練習もしてみたのですが、
このようなお知らせとなりまして、大変申し訳ございません。
何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

なお、明日の東京公演は現時点では開催予定です。
Cow and MouseのFacebook等でご案内させていただきます。

 

■会場お問い合わせ
radi cafe apartment:059-352-4680

■総合お問い合わせ
Cow and Mouse / ハルモニア:080-3136-2673

 

Keishi Tanaka Release Tour "What's A Trunk?"

2016年をコラージュした
3rdアルバム「What's A Trunk?」リリースツアー決定!

今年新たに掲げたテーマ " NEW KICKS = 新しい刺激 "
極上のグルーヴかつ現在の等身大の彼が作品に表されている。
Tokyo Recordings、fox capture plan、LEARNERS と一緒に制作したシングル3部作、
Ropesとのツアー道中に生まれた楽曲も新たにスタジオに入り音源化!

このアルバムのリリースも決定しました!
Cow and Mouseでは神戸公演と愛媛公演をサポートさせていただきます。

編成はストリングスでのアコースティックセット!
ゲストに神戸公演はAchico(Ropes)、愛媛公演はRopesとの共演も実現。


2017年1月19日(木)@神戸・ザ・ガーデン・プレイス 蘇州園
2017年1月20日(金)@愛媛・コスモシアター


【神戸公演】
「蘇州園」は神戸・御影に80余年もの間、佇み続ける旧財閥の別邸。
四季を感じる庭園の囲まれながら、素晴らしい音楽にも包まれてください。
当日は特別なフードもご用意しております。

日程|2017年1月19日(木)
会場|ザ・ガーデン・プレイス 蘇州園(神戸市東灘区住吉山手4-7-28)
出演|Keishi Tanaka / Achico(Ropes)
編成|ストリングス+ピアノ
時間|開場 19:00 / 開演 20:00
料金|前売 3,900円 / 当日 4,500円 (ドリンク代別途)
予約|cowandmouse1110@gmail.com / 080-3136-2673 (ハルモニア)

主催:Cow and Mouse
企画制作:Niw! Records
協力:ザ・ガーデン・プレイス 蘇州園

 

【愛媛公演】
「コスモシアター」は四国最大級のプラネタリウム。
頭上を取り巻くドームスクリーンは直径23メ ートル、
プラネタリウム投影機などによる死角をつくることなく、
どの席からでもよく見えるように、約30度傾いた構造になっています。
当日はプラネタリウムの投影もあります。フード出店もあり!

日程|2017年1月20日(金)
会場|コスモシアター(松山市湊町七丁目5番地)
出演|Keishi Tanaka / Ropes
編成|ストリングス+ピアノ
時間|開場 19:00 / 開演 20:00
料金|前売 3,900円 / 当日 4,500円 (ドリンク代別途)
予約|cowandmouse1110@gmail.com / 080-3136-2673 (ハルモニア)

主催:Cow and Mouse
企画制作:Niw! Records
協力:音ノ晴レ文ミ

追加情報などCow and MouseのFacebookをチェック!

news_header_keishitanaka_art201609.jpg

Keishi Tanaka
Riddim Saunter解散後、ソロとして活動をスタート。
2015年までに、"Fill"と"Alley"のフルアルバム2枚の他、
詩と写真で構成された6曲入りソングブック"夜の終わり"や、絵本"秘密の森"など、
自身の世界観を表現する多様な作品をリリースしている。
最大10人編成で行われるバンドセットを中心に、ピアノデュオや一人での弾き語りなど、
場所や聴く人を限定しないスタイルで活動中。
4月に行ったビルボードのステージに立つなどして注目も集めている。
自主企画として"NEW KICKS"と"ROOMS"を不定期に開催。
2016年にはシングル3部作として、1月に"Hello, New Kicks"、
5月にfox captureplanとのコラボEP"透明色のクルージング"、
さらに7月はLEARNERSをゲストに迎えた"Just A Side Of Love / 恋のすぐそばで"を立て続けにリリース。
そして、それら全てを収録する待望のニューアルバム"What's A Trunk?"が11/9発売される。
http://keishitanaka.com/

Ropes.jpg

Ropes
アチコ(Vocal) 戸高 賢史(Gt)によるアブストラクトなユニット。
前身バンドKARENの解散後Ropesを結成。
以前より交流のあったロックバンド、LOSTAGEのメンバー運営によるTHROAT RECORDSから、
待望の全国流通のミニアルバムをリリース。
リリースを記念した富士見丘教会でのワンマンライブは、即ソールドアウト。
大阪シャングリラでもワンマンライブを行う。
1年の制作期間を経て、初のフルアルバム「dialogue」を2015年の8月に全国流通リリースした。
http://weareropes.com/

 

 

アーティスト: Keishi Tanaka
タイトル: What's A Trunk?
発売日: CD 2016年11月9日(水) / LP 11月3日(木)
フォーマット: CD / LP
レーベル: Niw! Records

収録内容:
1. What A Happy Day
2. Another Way (is so nice)
3. I Like It
4. Just A Side Of Love ※LEARNERS ゲスト&プロデュース参加
5. 真夜中の魚
6. Our Town
7. 透明色のクルージング ※fox capture plan ゲスト参加
8. 冬の青 ※Ropes ゲスト参加
9. Peaceful Christmas
10. Hello, New Kicks ※Tokyo Recordings アレンジメント担当

 

Moon Little Star コトリンゴ×ビューティフルハミングバード

~月の光のようにやさしく、
小さな星の光のように瞬くひと時を~

神戸御影に佇む、歴史ある邸宅「蘇州園」にて
コトリンゴ×ビューティフルハミングバードの
2組によるスペシャルライブ。

一夜だけの特別な空間と時間を
ご用意してお待ちしております♪


日程|2016年11月3日(木・祝)
会場|ザ・ガーデン・プレイス 蘇州園(神戸市東灘区住吉山手4-7-28)
出演|コトリンゴ / ビューティフルハミングバード 
時間|開場 17:00 / 開演 18:00
料金|前売 3,800円 / 当日 4,500円 (ドリンク代別途)
予約&問い合わせ|cowandmouse1110@gmail.com / 080-3136-2673 (ハルモニア)
協力|ザ・ガーデン・プレイス 蘇州園

追加情報などCow and MouseのHPFacebookをチェック!


コトリンゴ.jpg

コトリンゴ kotringo
5歳からピアノ、7歳から作曲をはじめる。
神戸・甲陽音楽院 を卒業後、ボストン・ バークリー音楽院に留学し、ジャズ作曲科、パフォーマンス科を専攻。
学位を取得後、ニューヨークを拠点に演奏活動を開始。
2006年に坂本龍一に見出され、シングル『こんにちは またあした』で日本デビュー。
現在までに9枚のアルバムを発表。KIRINJIに加入し、バンド活動も行う。
「新しい靴を買わなくちゃ」「幸腹グラフィティ」など映画、アニメのサウンド・トラックや
CM音楽を手がけるなど、クリエイターからの支持も高い。

2017年11月公開予定の映画「この世界の片隅に」のオープニング、エンディング、
主題歌を含むすべてのサウンド・トラックを担当。
卓越したピアノ演奏と柔らかな歌声で浮遊感に満ちたポップ・ワールドを描きだす
女性シンガー・ソングライターとして各方面から注目を浴びている。
http://kotringo.net/

 

ビューティフルハミングバード2.jpg

ビューティフルハミングバード  Beautiful Hummingbird
小池光子、田畑伸明(タバティ)による音楽ユニット。
2002年結成。2003年、1stアルバム「ビューティフルハミングバード」でデビュー。
以来、オリジナルアルバム5枚、シングル2枚をリリース。
のびのびと広がる光子の歌声と、しなやかなタバティのアコースティックギターが奏でるのは、
音楽への憧れ、また時に生きるものへのやさしいまなざし、森羅万象の不思議。
オリジナル曲のほか、アイリッシュやアメリカの古い曲など海外のトラッドのカバーもレパートリー。
それらを収録したライブ会場限定盤も制作。
2011年冬にはNHKみんなのうた「ウメボシジンセイ」を担当。
2016年2月、NHK BSプレミアムの連続ドラマ『わたしのウチには、なんにもない。』の
エンディングテーマに「眠っているあいだに」(アルバム『HORIZON』)が起用された。
また、数多くのCMソングに参加、‘誰もが一度はきっと聴いたことのある声’となった。
現在は栗コーダーカルテットとのユニット‘栗コーダー&ビューティフルハミングバード’としてのライブも勢力的に行っている。
多くのひとが、ふたりの世界に包み込まれ、音楽のよろこびと出会っている。
http://beautifulhummingbird.com/
 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10