News

コトリンゴ Live tour 2016「サンタも踊るよ冬の旅」

コトリンゴのクリスマスライブが今年も開催決定!

坂本龍一に見出されデビュー、今年11月よりデビュー10周年イヤーに突入。
現在はソロ活動に加え、KIRINJIとしてのバンド活動、
映画のサウンド・トラック、CMソングの制作や客演も多い。
また11月12日(土) 全国公開の映画「この世界の片隅に」の音楽を担当し話題を集めている。
今回のツアーではオリジナルに加え、クリスマスソングも披露。
クリスマシーズン到来のワクワク感を華やかにお届けいたします!

12月17日(土)@広島・Gewand Halle
12月18日(日)@名古屋・名古屋陶磁器会館 ※Soldout!!
12月19日(月)@大阪・大阪倶楽部


【広島公演】
会場はドイツの世界最古の市民管弦楽団 ゲバントハウス管弦楽団が
使用していた施設を参考に建設されたホール。
昔ながらの響きと雰囲気に酔いしれる空間をお楽しみください。
フードやドリンクなどお楽しみなクリスマスマーケット出店もあり!

日程|12月17日(土)
会場|Gewand Halle(広島市中区本川町2-1-13 和光パレス21 5F)
時間|開場 17:00 / 開演 18:00
料金|前売 3,500円 / 当日 4,000円 (ドリンク代別途)
出店|フォレ / 杣喫茶店 / ケツァール / ハチラボパン / zakka mitten / ghost cake / Rum fleur / HARITO
チケット販売店|タワーレコード広島店
アクセス|本川町電停より徒歩4分 詳しくはこちら!
協力:アスメモ / 八丁座 / タワーレコード広島店


【名古屋公演】※Soldout!!
会場は名古屋の陶磁器業の繁栄を物語る「登録有形文化財」
かつて輸出された数々の魅力的な陶磁器製品が所狭しと、陳列されており、
レトロな雰囲気を漂うホールでのライブは別世界へ誘います。
ティータイムにぴったりなコトリンゴをイメージしたオリジナルの和菓子付き!

日程|12月18日(日)
会場|名古屋陶磁器会館(名古屋市東区徳川一丁目10番3号)  
時間|開場 14:00 / 開演 15:00
料金|前売 3,500円 / 当日 4,000円 (ドリンク代別途)
発表アクセス|地下鉄 桜通線 高岳駅(徒歩20分)/ 市バス 赤塚バス停(徒歩5分)詳しくはこちら!
協力:海月猫 / 菓匠 花桔梗 / ラフイユ


【大阪公演】
会場は大正モダニズムが体現された「登録有形文化財」
重厚な煉瓦作りのエントランスを抜けた先は紳士のための社交場。
通常は会員以外入館できない特別な空間と時間をお過ごしください。
当日は大阪倶楽部特製カレーもご用意!

日程|12月19日(月)
会場|大阪倶楽部 4階 大ホール(大阪市中央区今橋4-4-11)  
時間|開場 18:00 / 開演 19:00
料金|前売 3,500円 / 当日 4,000円 (ドリンク代別途)アクセス|淀屋橋駅 徒歩5分 / 肥後橋駅 徒歩8分 詳しくはこちら!

 [ご予約&お問い合わせ]
cowandmouse1110@gmail.com / 080-3136-2673 (ハルモニア)
※件名に[コトリンゴ〇〇公演]と明記の上、
お名前(フルネーム)・お電話番号・チケット枚数をご記入いただき、上記メールアドレスにお申し込み下さい。
確認後、ご購入方法などを折り返しご返信致します。

コトリンゴ.jpg

■コトリンゴ kotringo
音楽家
5歳からピアノ、7歳から作曲をはじめる。
神戸・甲陽音楽院を卒業後、ボストン・ バークリー音楽院に留学し、
ジャズ作曲科、パフォーマンス科を専攻。学位を取得後にはニューヨークを拠点に演奏活動を開始。
2006年に坂本龍一に見い出され、シングル『こんにちは またあした』で日本デビューを飾る。
以降、現在までに9枚のソロアルバムを発表。
最新オリジナルアルバムはドラマ「明日、ママがいない」の主題歌「誰か 私を」を収録の「birdcore!」。
近年はKIRINJIに加入し、バンド活動も行う。
2016年11月公開した劇場アニメ「この世界の片隅に」のテーマ、劇中歌、BGMの全てを手がけ、サウンドトラックをリリース。
第40回日本アカデミー賞優秀音楽賞(2017年1月現在)、毎日映画コンクール音楽賞を受賞。
ほかに「新しい靴を買わなくちゃ」「くまのがっこう」「幸腹グラフィティ」など
映画、アニメのサウンドトラックや多数のCM音楽を手がけるなど、クリエイターからの支持も高い。
卓越したピアノ演奏と柔らかな歌声で浮遊感に満ちたポップ・ワールドを描きだす
女性シンガー・ソングライターとして各方面から注目を浴びている。
http://kotringo.net/

 

11月12日(土) 全国公開 映画「この世界の片隅に」
■公式サイト:http://konosekai.jp/

「長い道」「夕凪の街 桜の国」などで知られる、こうの史代のコミックをアニメ化した映画。
戦時中の広島県呉市を舞台に、ある一家に嫁いだ少女が戦禍の激しくなる中で
懸命に生きていこうとする姿を追い掛ける。
監督にテレビアニメ「BLACK LAGOON」シリーズや『マイマイ新子と千年の魔法』などの片渕須直、
アニメーション制作にテレビアニメ「坂道のアポロン」や「てーきゅう」シリーズなどのMAPPA、
音楽をコトリンゴが担当。
生活を壊していく戦争の恐ろしさを痛感する。

原作:こうの史代「この世界の片隅に」(双葉社刊)
監督・脚本:片渕須直
声の出演:のん 
細谷佳正 稲葉菜月 尾身美詞
小野大輔 潘めぐみ 岩井七世 / 澁谷天外
企画:丸山正雄
監督補・画面構成:浦谷千恵 
キャラクターデザイン・作画監督:松原秀典
音楽:コトリンゴ
プロデューサー:真木太郎
製作統括:GENCO 
アニメーション制作:MAPPA 
配給:東京テアトル

t640_713574.jpg

■映画「この世界の片隅に」オリジナルサウンドトラック
11月9日発売
オープニングテーマ「悲しくてやりきれない」、
主題歌「みぎてのうた」エンディングテーマ「たんぽぽ」のほか
劇中曲合わせて全33曲を収録。

〈収録曲〉
01.神の御子は今宵しも
02.悲しくてやりきれない (作詞:サトウハチロー 作曲:加藤和彦 編曲:コトリンゴ)
03.引き潮の海を歩く子供たち
04.すいかの思い出
05.周作さん
06.うちらどこかで
07.朝のお仕事
08.隣組  (作詞:岡本一平 作曲:飯田信夫 編曲:コトリンゴ)
09.すずさんと晴美さん
10.広島の街
11.戦艦大和
12.ごはんの支度
13.径子
14.疑い
15.ありこさん
16.ヤミ市
17.りんさん
18..デート
19.大丈夫かのう
20.お見送り
21.あの道
22.良かった
23.左手で描く世界
24.白いサギを追って
25.広島から来たんかね
26.飛び去る正義
27.明日も明後日も
28.すずさんの右手
29.最後の務め
30.みぎてのうた(作詞:こうの史代・片渕須直 作・編曲:コトリンゴ)
31.たんぽぽ (作詞・作曲・編曲:コトリンゴ)
32.すずさん
33.New day

 

高野寛 LIVE 2017「new songs」

高野寛 大阪・ワンマンライブ開催決定!

久しぶりに高野寛さんをお迎えします!
25周年記念ツアー以来です。

これまでの色とりどりの魔法のようなポップスはもちろん、
書きためている新曲からも披露していただきます。

会場は響きの良い「登録有形文化財」島之内教会。
これから向かう新しい世界を共有する時間になるでしょう。

お席のご予約完売!現在、立ち見のみ若干受付中!!


日程|2017年1月28日(土)
会場|島之内教会(大阪市中央区東心斎橋1-6-7)
時間|開場 17:30 / 開演 18:00
料金|前売 4,200円 / 当日 4,700円

アクセス:地下鉄御堂筋線「心斎橋」駅 徒歩約7分 / 地下鉄堺筋線「長堀橋」駅 徒歩約3分

 [ご予約&お問い合わせ]
cowandmouse1110@gmail.com / 080-3136-2673 (ハルモニア)

※件名に[高野寛 大阪公演]と明記の上、
お名前(フルネーム)・お電話番号・チケット枚数をご記入いただき、
上記メールアドレスにお申し込み下さい。
確認後、ご購入方法などを折り返しご返信致します。

企画制作:Cow and Mouse

■高野寛
シンガー・ソングライター/ギタリスト/プロデューサー
1988年ソロデビュー(高橋幸宏プロデュース)。
代表曲は「虹の都へ」「ベステンダンク」(共にトッド・ラングレンプロデュース)、
「夢の中で会えるでしょう」(坂本龍一プロデュース)など。
世代やジャンルを超えたアーティストとのコラボレーションも多数。
ギタリストとしてもYMO・TEI TOWAをはじめとしたアーティストの
ライブ・レコーディングに多数参加し、
坂本龍一や宮沢和史のツアーメンバーとして延べ20カ国での演奏経験を持つ。
GANGA ZUMBAやpupaなどのバンド活動も多数。
デビュー25周年を迎え、ブラジル・リオ・デ・ジャネイロで録音した
アルバム「TRIO」をリリース。
同時発売で高野と交流の深いアーティストたち(高橋幸宏、岸田繁(くるり)、
ハナレグミ、畠山美由紀&青柳拓次、etc…)が参加した
トリビュートアルバム「高野寛 ソング・ブック」がリリースされた。
近年はサントリー「GREEN DA・KA・RA」のCMソングの歌唱を担当。
2013年より、京都精華大学ポピュラーカルチャー学部・音楽コース特任教授に就任。
http://www.haas.jp/


クリエーターズ・サイト「note」にて新曲・未発表曲 配信・販売中!!https://note.mu/takano_hiroshi/m/m2c316066693b

 

 

青葉市子 5thアルバム発売記念ライブ「まぼろしや、ほろぼしや。」@兵庫・芦屋仏教会館

細野晴臣や坂本龍一など、名だたるアーティストが絶賛する
気鋭の音楽家 青葉市子 ワンマン 芦屋公演 開催決定!

シンガーソングライター、青葉市子が3年ぶりとなる
5thアルバム『マホロボシヤ』を10月19日(水)リリース!
タイトルには“まほろばのある星”という意味が込められています。

このアルバムの発売記念ライブを芦屋川のほとりにある
寺院の様な、教会の様な、不思議な風情のある「芦屋仏教会館」にて開催。

当日は奈良生駒より「MAHO-ROBA」のフードもスタンバイです。

マホロバ(素晴らしい場所)での
マボロシ(幻)のような時間をお楽しみください!


日程|2016年11月23日(水・祝)
会場|芦屋仏教会館(芦屋市前田町1-5)
時間|開場 17:00 / 開演 18:00
料金|前売 3,500円 / 当日 4,000円 (ドリンク代別途)
出店|MAHO-ROBA(奈良・生駒)

アクセス:阪急芦屋川駅:徒歩約7分 / JR芦屋駅:徒歩約9分 / 阪神芦屋駅:徒歩約13分
 
[ご予約&お問合わせ]
cowandmouse1110@gmail.com / 080-3136-2673 (ハルモニア)

 

青葉市子.jpg


青葉市子 / ICHIKO AOBA
音楽家
1990年生まれ。
2010年、1stアルバム『剃刀乙女』でデビュー。
2016年10月に5枚目となる3年ぶりのソロアルバム「マホロボシヤ」をリリース。
舞台作品では『レミング~世界の涯まで連れてって~』
『cocoon』『0123』への出演や朗読劇『みつあみの神様』の音楽を担当。
その他CM音楽、ナレーション、イラスト、作詞家、エッセイ等様々な分野で活動中。
http://www.ichikoaoba.com/

 

20160830-aobaichiko03.jpg

青葉市子 『マホロボシヤ』
2016年10月19日(水)発売
1. the end
2. ゆさぎ
3. マホロボシヤ
4. 氷の鳥
5. おめでとうの唄
6. ゆめしぐれ
7. うみてんぐ
8. 太陽さん
9. コウノトリ
10. 神様のたくらみ
11. 鬼ヶ島

<青葉市子 コメント>
前作から、3年が経ちました。
いろいろなことが変化して、でも、どうしたって変わらない部分もありました。
遠くなったり近くなったりするだけで、離れることがない、この世界のあれやこれやが、
ある部分ではとても仲良く、一緒にいられるように、マホロボシヤを作りました。

 

本日10月11日(火)の「マイア・ヒラサワ 三重公演」に関して

本日10月11日(火)のマイア・ヒラサワ@三重・radi cafe apartment公演ですが、
マイア・ヒラサワの喉の不調のため、
本人と協議の結果、公演を中止させて頂くことになりました。

ライブを心待ちにしてくださっている三重の皆様のために、
マイア自身も直前まで悩み、午前中に練習もしてみたのですが、
このようなお知らせとなりまして、大変申し訳ございません。
何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

なお、明日の東京公演は現時点では開催予定です。
Cow and MouseのFacebook等でご案内させていただきます。

 

■会場お問い合わせ
radi cafe apartment:059-352-4680

■総合お問い合わせ
Cow and Mouse / ハルモニア:080-3136-2673

 

Keishi Tanaka Release Tour "What's A Trunk?"

2016年をコラージュした
3rdアルバム「What's A Trunk?」リリースツアー決定!

今年新たに掲げたテーマ " NEW KICKS = 新しい刺激 "
極上のグルーヴかつ現在の等身大の彼が作品に表されている。
Tokyo Recordings、fox capture plan、LEARNERS と一緒に制作したシングル3部作、
Ropesとのツアー道中に生まれた楽曲も新たにスタジオに入り音源化!

このアルバムのリリースも決定しました!
Cow and Mouseでは神戸公演と愛媛公演をサポートさせていただきます。

編成はストリングスでのアコースティックセット!
ゲストに神戸公演はAchico(Ropes)、愛媛公演はRopesとの共演も実現。


2017年1月19日(木)@神戸・ザ・ガーデン・プレイス 蘇州園
2017年1月20日(金)@愛媛・コスモシアター


【神戸公演】
「蘇州園」は神戸・御影に80余年もの間、佇み続ける旧財閥の別邸。
四季を感じる庭園の囲まれながら、素晴らしい音楽にも包まれてください。
当日は特別なフードもご用意しております。

日程|2017年1月19日(木)
会場|ザ・ガーデン・プレイス 蘇州園(神戸市東灘区住吉山手4-7-28)
出演|Keishi Tanaka / Achico(Ropes)
編成|ストリングス+ピアノ
時間|開場 19:00 / 開演 20:00
料金|前売 3,900円 / 当日 4,500円 (ドリンク代別途)
予約|cowandmouse1110@gmail.com / 080-3136-2673 (ハルモニア)

主催:Cow and Mouse
企画制作:Niw! Records
協力:ザ・ガーデン・プレイス 蘇州園

 

【愛媛公演】
「コスモシアター」は四国最大級のプラネタリウム。
頭上を取り巻くドームスクリーンは直径23メ ートル、
プラネタリウム投影機などによる死角をつくることなく、
どの席からでもよく見えるように、約30度傾いた構造になっています。
当日はプラネタリウムの投影もあります。フード出店もあり!

日程|2017年1月20日(金)
会場|コスモシアター(松山市湊町七丁目5番地)
出演|Keishi Tanaka / Ropes
編成|ストリングス+ピアノ
時間|開場 19:00 / 開演 20:00
料金|前売 3,900円 / 当日 4,500円 (ドリンク代別途)
予約|cowandmouse1110@gmail.com / 080-3136-2673 (ハルモニア)

主催:Cow and Mouse
企画制作:Niw! Records
協力:音ノ晴レ文ミ

追加情報などCow and MouseのFacebookをチェック!

news_header_keishitanaka_art201609.jpg

Keishi Tanaka
Riddim Saunter解散後、ソロとして活動をスタート。
2015年までに、"Fill"と"Alley"のフルアルバム2枚の他、
詩と写真で構成された6曲入りソングブック"夜の終わり"や、絵本"秘密の森"など、
自身の世界観を表現する多様な作品をリリースしている。
最大10人編成で行われるバンドセットを中心に、ピアノデュオや一人での弾き語りなど、
場所や聴く人を限定しないスタイルで活動中。
4月に行ったビルボードのステージに立つなどして注目も集めている。
自主企画として"NEW KICKS"と"ROOMS"を不定期に開催。
2016年にはシングル3部作として、1月に"Hello, New Kicks"、
5月にfox captureplanとのコラボEP"透明色のクルージング"、
さらに7月はLEARNERSをゲストに迎えた"Just A Side Of Love / 恋のすぐそばで"を立て続けにリリース。
そして、それら全てを収録する待望のニューアルバム"What's A Trunk?"が11/9発売される。
http://keishitanaka.com/

Ropes.jpg

Ropes
アチコ(Vocal) 戸高 賢史(Gt)によるアブストラクトなユニット。
前身バンドKARENの解散後Ropesを結成。
以前より交流のあったロックバンド、LOSTAGEのメンバー運営によるTHROAT RECORDSから、
待望の全国流通のミニアルバムをリリース。
リリースを記念した富士見丘教会でのワンマンライブは、即ソールドアウト。
大阪シャングリラでもワンマンライブを行う。
1年の制作期間を経て、初のフルアルバム「dialogue」を2015年の8月に全国流通リリースした。
http://weareropes.com/

 

 

アーティスト: Keishi Tanaka
タイトル: What's A Trunk?
発売日: CD 2016年11月9日(水) / LP 11月3日(木)
フォーマット: CD / LP
レーベル: Niw! Records

収録内容:
1. What A Happy Day
2. Another Way (is so nice)
3. I Like It
4. Just A Side Of Love ※LEARNERS ゲスト&プロデュース参加
5. 真夜中の魚
6. Our Town
7. 透明色のクルージング ※fox capture plan ゲスト参加
8. 冬の青 ※Ropes ゲスト参加
9. Peaceful Christmas
10. Hello, New Kicks ※Tokyo Recordings アレンジメント担当

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9