News

高野寛 LIVE 2017 ミニアルバム「Everything is good」発売記念ライブ

高野寛 関西ワンマンライブ開催決定!

近年ライブで演奏しながら磨いてきた新曲と、
クリエーターズサイト・noteで発表した新曲から厳選した
7曲をブラッシュアップして新たにスタジオ録音。
加えて、デモ音源5曲をボーナストラックとして収録。
2018年10月から始まるデビュー30周年アニバーサリーを予感させる、
バラエティに富んだミニアルバム
「Everything is Good」の発売記念ライブが決定!

会場は芦屋川のほとりにある寺院の様な、教会の様な、
不思議な風情のある「芦屋仏教会館」。

珈琲を一杯、飲むように、1曲1曲を味わい尽くしてくださいね。

【芦屋公演】

「芦屋仏教会館」は、奈良ホテル、大阪中之島公会堂など多くの名建築を手がけた片岡安氏の設計。
明治・大正時代の洋風建築と東洋風建築の特徴を折衷した建物で、
原型のまま残していて、その美しい姿は、伝統の継承の意義を物語っています。

日 程 | 2017年10月22日(日)
会 場 | 芦屋仏教会館(兵庫県芦屋市前田町1-5)
           アクセス:阪急芦屋川駅:徒歩約7分 / JR芦屋駅:徒歩約9分 / 阪神芦屋駅:徒歩約13分
時 間 | 開場 17:00 / 開演 18:00
料 金 | 前売 4,200円 / 当日 4,700円

[ ご予約&お問い合わせ ]
cowandmouse1110@gmail.com / 080-3136-2673 (Cow and Mouse)

※件名に[高野寛 芦屋公演]と明記の上、
お名前(フルネーム)・お電話番号・公演場所・チケット枚数をご記入いただき、
上記メールアドレスにお申し込み下さい。確認後、ご購入方法などを折り返しご返信致します。

企画制作:Cow and Mouose

追加情報などCow and MouseのHP・Facebookをチェック!

■高野寛 プロフィール
シンガー・ソングライター/ギタリスト/プロデューサー
1988年ソロデビュー(高橋幸宏プロデュース)。
代表曲は「虹の都へ」「ベステンダンク」(共にトッド・ラングレンプロデュース)、
「夢の中で会えるでしょう」(坂本龍一プロデュース)など。
世代やジャンルを超えたアーティストとのコラボレーションも多数。
ギタリストとしてもYMO・TEI TOWAをはじめとしたアーティストのライブ・レコーディングに多数参加し、坂本龍一や宮沢和史のツアーメンバーとして延べ20カ国での演奏経験を持つ。
GANGA ZUMBAやpupaなどのバンド活動も多数。
デビュー25周年を迎え、ブラジル・リオ・デ・ジャネイロで録音したアルバム「TRIO」をリリース。
同時発売で高野と交流の深いアーティストたち(高橋幸宏、岸田繁(くるり)、ハナレグミ、畠山美由紀&青柳拓次、etc…)が参加したトリビュートアルバム「高野寛 ソング・ブック」がリリースされた。
近年はサントリー「GREEN DA・KA・RA」のCMソングの歌唱を担当。
2013年より、京都精華大学ポピュラーカルチャー学部・音楽コース特任教授に就任。
http://www.haas.jp/

クリエーターズ・サイト「note」にて新曲・未発表曲 配信・販売中!
https://note.mu/takano_hiroshi/m/m2c316066693b

 

955c1.jpg

Everything is Good

2017.10.25 release 
SBST-007
2,000円+tax

1. Everything is good
2. Portrait
3. Candle of Hope
4. Mondo Electro
5. 180°
6. DAN☆SHARI
7. Rio-Tokio

— Bonus Tracks —
8.炎 (1992) - “Candle of Hope” Prototype
9. Everything is good (2005) - Acoustic demo
10. Portrait (2016) - Cassette demo
11. 180° (2016) - Cassette demo
12. Children’s Song (2017) - “Rio-Tokio” instrumental ver.

——

 

NUUAMM「NO W/AVE TOUR 2017」

青葉市子とマヒトゥ・ザ・ピーポー(GEZAN)。
このふたりが「夜を縫う、朝を編む」というコンセプトから生まれたユニット「NUUAMM(ぬうあむ)」の2年半ぶりとなる新作『w/ave』のリリースされました!

『w/ave』は“ようこそ” と“さようなら”の2つのAVEという意味。
前作『NUUAMM』に続き、誰も立ち入らない密な空間でセルフプロデュースにてレコーディングされ、現実と夢を行き来するようなサイケデリックで幽遠な音像に仕上がっている。

また、漆黒に浮遊する鉱石と2人が描かれたアルバムのジャケットは、イラストレーターでありマンガ家、作家として活動する近藤聡乃が書き下ろしたイラストが起用され、デザインは北山雅和が担当。

この『w/ave』のリリースツアー開催を
鳥取と大阪の2公演担当させていただきます。

「鳥取教会」「島之内教会」と会場はどちらも教会。
2人の世界へ「ようこそ」、これまでの世界「さようなら」

10月27日(金)@鳥取・鳥取教会
10月28日(土)@大阪・島之内教会
※大阪公演はお席完売しました。現在、立見席のみ受付中です。


【鳥取公演】
日 程|2017年10月27日(金)
会 場|鳥取教会(鳥取県鳥取市西町1-425)
時 間|開場 18:00 / 開演 19:00
料 金|前売 3,000円 / 当日 3,500円
出 店|夜長茶廊 / ボルゾイレコード

[ご予約&お問合わせ]
cowandmouse1110@gmail.com / 080-3136-2673 (Cow and Mouse)

[チケット販売店]
夜長茶廊 / ボルゾイレコード / TAO CAFE

【大阪公演】
日 程|2017年10月28日(土)
会 場|島之内教会(大阪市中央区東心斎橋1-6-7)開場 18:00 / 開演 19:00料 金|前売 3,000円 / 当日 3,500円

[ご予約&お問合わせ]
cowandmouse1110@gmail.com / 080-3136-2673 (Cow and Mouse)

※ご予約の際、件名に[NUUAMM○○公演]と明記の上、
お名前・お電話番号・チケット枚数をご記入いただき、
上記メールアドレスにお申し込み下さい。確認後、折り返しご返信致します。

企画制作:Cow and Mouse

 

news_xlarge_NUUAMM_art201704.jpg

NUUAMM(青葉市子、マヒトゥ・ザ・ピーポー)
2014年結成。NUUAMMの由来は ”夜を縫う、朝を編む” からなる。
2014年12月、1st album『NUUAMM』をリリース。
ライブ活動はワンマンライブのみ行っており、2017年4月には初の台湾公演を成功させる。
2017年6月、2nd album『w/ave』をリリース。11月には「NO W/AVE TOUR 2017」としてツアーも行う。
また、アルバムジャケットには漫画家、近藤聡乃書き下ろしのオリジナルキャラクターが描かれている。
NUUAMM:http://jusangatsu.com/
タンブラー:nuuamm.tumblr.com
青葉市子:http://ichikoaoba.com/
マヒトゥ・ザ・ピーポー:http://mahitothepeople.com/

 


NUUAMM
『w/ave』(CD)
2017年6月28日(水)発売
価格:2,700円(税込)
JSGM-019

1. 飛行石
2. EDEN
3. MU-MIN
4. full of fool
5. MAHO
6. turn light
7. Vampire
8. 砂の城
9. Moon Hill
10. めのう

 

寺尾紗穂『たよりないもののために』発売記念ツアー

当代きってのシンガー・ソングライター、寺尾紗穂、

通算第8作となるオリジナル・アルバムが完成。
昨年の『わたしの好きなわらべうた』に続く
ニューアルバム『たよりないもののために』を6月21日(水)にリリース
このアルバムの発売記念ツアーとして、神戸公演開催決定!

聴く者をやさしく包み込む計り知れない温もりと、
背筋を正される凛とした佇まいが同居した唯一無二の世界。
途方もない説得力と訴求力を内包した歌、言葉、音によって紡がれるその世界に、
最初の一音、一声から引き込まれる最高傑作が誕生。 

会場は御影に80余年もの間、佇み続ける旧財閥の別邸「蘇州園」。
当日はグランドピアノを持ち込み、この日だけの特別な一夜をお届け致します。
ご予約もどうぞお早めに。
最高に素敵な1日となりますよ☆


日 程|
2017年8月18日(金)
会 場|ザ・ガーデン・プレイス 蘇州園(神戸市東灘区住吉山手4-7-28)
   アクセス:阪急神戸線「御影駅」より徒歩5分
時 間|開場 19:00 / 開演 20:00
料 金|前売 3,500円 / 当日 4,000円 (ドリンク代別途)

[ご予約&お問合わせ]
cowandmouse1110@gmail.com / 080-3136-2673 (Cow and Mouse)

※ご予約の際、件名に[寺尾紗穂 神戸公演]と明記の上、お名前・お電話番号・チケット枚数をご記入いただき、
上記メールアドレスにお申し込み下さい。確認後、折り返しご返信致します。

協力:ザ・ガーデン・プレイス 蘇州園
企画制作:Cow and Mouse



寺尾紗穂1-2.jpg

■プロフィール
1981年11月7日東京生まれ。
2007年ピアノ弾き語りによるアルバム「御身」が各方面で話題になり,
坂本龍一や大貫妙子らから賛辞が寄せられる。
大林宣彦監督作品「転校生 さよならあなた」、安藤桃子監督作品「0.5ミリ」、
中村真夕監督作品「ナオトひとりっきり」に主題歌を提供。2015年アルバム「楕円の夢」を発表し、
路上生活経験者による舞踏グループ、ソケリッサとの全国13箇所をまわる「楕円の夢ツアー」を行った。
また、2010年より毎年青山梅窓院にてビッグイシューを応援する音楽イベント「りんりんふぇす」を主催。
昨年リリースの最新アルバム「私の好きなわらべうた」では、
日本各地で消えつつあるわらべうたの名曲を発掘、独自のアレンジを試みて、
「ミュージックマガジン」誌の「ニッポンの新しいローカル・ミュージック」に選出される。
コラボレーションも多く、絵本作家の荒井良二の粘土による山姥像製作、
翻訳家の柴田元幸の朗読、画家の松井一平のペインティング、ソケリッサの舞踏、
民俗学者赤坂憲雄との対談など、ジャンルを超えた共演を行なっている。
活動はCM音楽制作(ドコモ、無印良品など多数)やナレーション、書評、エッセイやルポなど多岐にわたる。
著書に「評伝 川島芳子」(文春新書)「原発労働者」(講談社現代新書)、
戦前のサイパンに暮らした人々に取材した「南洋と私」(リトルモア)、
最新刊に「あのころのパラオをさがして 日本統治下の南洋を生きた人々」(集英社)がある。
平凡社ウェブ、本の雑誌ウェブ、花椿、高知新聞、北海道新聞、婦人之友などで連載を持ち、
昨年『すばる』に発表したエッセイは日本文藝家協会編『ベスト・エッセイ2017』
(選考委員に林真理子、角田光代、三浦しおん、藤沢周、町田康)に選出、収録された。
6月21日最新アルバム「たよりないもののために」を発表。
アルバムのタイトル曲「たよりないもののために」のPVは写真家大森克己の初監督作品となり、
清冽な世界観で注目を集めた。
8月に伊賀航、あだち麗三郎と結成したバンド「冬にわかれて」の7インチ「耳をすまして」もリリース、
活動の幅を広げている。
http://www.sahoterao.com/

 

71Hh0y+B5dL._SL1102_.jpg

寺尾紗穂『たよりないもののために』
2017年6月21日(水)発売
CD PCD-28039 2,800円 + 税

[収録曲]
01. 幼い二人
02. 雲は夏
03. 新秋名果
04. 孤独な惑星
05. クストフ
06. 柿の歌
07. 紅い海
08. 私の怪物
09. 九年
10. たよりないもののために

 

かみぬまゆうたろう「くすんだ箱の中の物語」発売記念 四国・中国ツアー

一緒にいるけれどすれ違っている、近くて遠くて、でもすぐ傍にいる2人。

微妙にして絶妙な距離感で情景を描く楽曲が特徴の
シンガーソングライター『かみぬまゆうたろう』。
7月7日(金)発売の3rdアルバムの発売記念で各所を巡ります。

共演は、高知在住でギターショップも営む『田中基希』との2人旅。

皆様の日常に寄り添う何気ない光景の、新しい景色になれれば嬉しいです。
どうぞお気軽にご来場ください!

出演:かみぬまゆうたろう / 田中基希
ゲスト:
児玉真吏奈 (8/7高知のみ) / 杉瀬陽子 (姫路公演のみ)

●8月6日(日)@高知・Slowhand Mojo (鏡川フォークジャンボリー2017)
●8月7日(月)@高知・bar mosaique
●8月9日(水)@愛媛・ワニとサイ
●8月10日(木)@尾道・ハライソ珈琲
●8月11日(金)@広島・TOUKA
●8月12日(土)@倉敷・bjorn
●8月13日(日)@姫路・ハルモニア


【高知公演】 ※イベント「鏡川フォークジャンボリー2017」出演!
日程|8月6日(日)
会場|Slowhand Mojo (高知市南はりまや町1-4-1 国沢ビル1F)

※詳細未定

問合せ|090-5911-4348 (Slowhand Mojo)

【高知公演】
日程|8月7日(月)
会場|bar mosaique (高知市本町1-1-10 石川ビル3F)
時間|開場 19:30 / 開演 20:00
料金|前売 2,000円 / 当日 2,500円 (ドリンク代別途)
予約&問合せ|mosaique612@gmail.com / 088-822-8580 (モザイク)


【愛媛公演】
日程|8月9日(水)
会場|ワニとサイ (松山市道後湯之町1-39)
時間|開場 19:00 / 開演 20:00
料金|前売 2,000円 / 当日 2,500円 (ドリンク代別途)
予約&問合せ|080-7800-0534 (ワニとサイ/テツ)


【尾道公演】
日程|8月10日(木)
会場|ハライソ珈琲 (尾道市東御所町3-13 2F)
時間|開場 19:00 / 開演 19:30
料金|前売 2,000円 / 当日 2,500円 (ドリンク代別途)
予約&問合せ|paraiso_onomichi@yahoo.co.jp / 090-2002-4912 (ハライソ珈琲)
※ご予約はメールのみ。オープニングアクトあり。

【広島公演】
日程|8月11日(金)
会場|TOUKA(広島市中区十日市町2丁目3-3 第3津広ビル1F)
時間|開場 19:00 / 開演 20:00
料金|前売 2,000円 / 当日 2,500円 (ドリンク代別途)
予約&問合せ|asumemoao-info@yahoo.co.jp / 082-533-6498(アスメモ)


【倉敷公演】
日程|8月12日(土)
会場|bjorn (倉敷市中央2丁目13-20)
時間|開場 18:30 / 開演 19:00
料金|前売 2,000円 / 当日 2,500円 (ドリンク代別途)
予約&問合せ|mail@bjorn.jp / 090-4105-1042(ビョルン)


【姫路公演】
日程|8月13日(日)
会場|ハルモニア(姫路市延末1-80 2F)
時間|開場 18:00 / 開演 19:00
料金|前売 2,000円 / 当日 2,500円 (ドリンク代別途)
予約&問合せ|info.himejiharmonia@gmail.com / 080-3136-2673 (ハルモニア)

※件名に[かみぬまゆうたろう予約]と明記の上、
お名前・お電話番号・チケット枚数をご記入いただき、
上記メールアドレスにお申し込み下さい。 確認後、折り返しご返信致します。

 

kaminuma-org.jpg


●かみぬまゆうたろう
東京都出身、埼玉県在住、1988年生まれのシンガーソングライター。
一緒にいるけれどすれ違っている、近くて遠くて、でもすぐ傍にいる2人。
微妙にして絶妙な距離感で情景を描く楽曲が特徴。
1923年製のMartin O-18を手に、2009年から都内のライブハウスやストリートで活動を開始。
2010年には自主制作の音源集「初期のかみぬまゆうたろう」を発表。
2014年2月にギャラクティックよりタワレコメンに選ばれた1stアルバム「かみぬまゆうたろう」をリリース。
10月に初恋の嵐のカバー「真夏の夜 の事」を収録した会場限定シングル「傷口」。
2015年2月に2ndアルバム「となりのへやではきみがないている」
《佐藤良成(fiddle/ハンバートハンバート)、野村卓史(pf/グッドラックへイワ)、
服部将典(B/NRQ)、沖田優輔(Dr/はいからさん)、参加》を発表し、
FUJIROCK FESTIVAL, OTODAMA~音泉魂~, NEW ACOUSTIC CAMPに出演。
現在は次松大助(pf/THE MICETEETH)、服部将典(B/NRQ)、
沖田優輔(Dr/はいからさん)をメンバーに迎え、バンド編成での活動も行っている。
2017年7月に待望の3rdアルバム「くすんだ箱の中の物語」をリリース。
http://kaminumayutaro.jp/

 

unnamed.jpg

●田中基希 Motoki Tanaka
1984年生まれ  高知出身
さまざまな国籍のミュージシャンが集まり結成された無国籍バンド
「PLASTIC ONOMATOPE BAND」での活動や、
2015年、ヨーロッパでのライブ活動を経て、現在は「情景の浮かぶ音楽」をテーマに
ギター、バンジョー、鍵盤ハーモニカ、カセットテープなどの楽器を使ったライブを展開する。 

杉瀬陽子.jpeg

●杉瀬陽子(姫路公演のみ)
母の様に包み込む優しさと、少年の様に無垢な力強さ。
一見相反する要素を絶妙に併せ持つ独特な歌声は、一声で観客をノスタルジックな世界に引き込み、
叙情的な歌詞は、それぞれの心象風景を目前に描き出す。
多岐に渡る音楽ジャンルの経験を経て産み出される楽曲はバラエティに富み、
飽きることなく楽しませてくれる。
2011年 1stアルバム『音画』リリース
2013年 2ndアルバム『遠雷』リリース
2015年 3rdアルバム『肖像』リリース
グリコ ポッキーを始め、様々なCM音楽や、
URBAN RESEARCH DOORSのイメージムービー用の音楽等も手がけている。
http://sugiseyoko.com/

 

純名里沙 with 笹子重治 ~小さな音楽会 in 徳島~

宝塚歌劇団出身の歌手・女優 ”純名里沙”と
CHORO CLUBのギタリストとして知られるギターの名手”笹子重治”による
渾身のヴォーカル&ギターデュオ
こだわり抜いたシンプルを奏でる濃密な大人の世界へ誘います。

会場は、珈琲の香りに満たされたカフェ「14g(ワンフォージー)」。
「14g」とは珈琲豆の計量カップでいう一杯分が約14gという意味。

日程|2017年7月15日(土)
会場|14g(徳島市東新町1-14-2F)
時間|開場 18:00 / 開演 19:00
料金|前売 4,000円 / 当日 4,500円(ドリンク代別途)
出演|純名里沙(ヴォーカル)/ 笹子重治(ギター)

[ご予約&お問合わせ]
080-6282-3266 (14g)
Facebook:http://facebook.com/14g.jp/
Instagram:@14g.jp
(FB・IGのダイレクトメッセージでも受付)

企画制作:Cow and Mouse

■純名里沙プロフィール
1990年、宝塚歌劇団に首席で入団。
初舞台でフィナーレの先頭歌手、エトワールと言う異例の抜擢を受け、?
翌年、抜群の歌唱力をかわれてオペレッタ『微笑みの国』で初ヒロインを演じ、
ウィーンフォルクスオパー管弦楽団とウィーンにてレコーディングを果たす。
1994年在団中に、NHK朝の連続テレビ小説「ぴあの」に主演、主題歌も歌うなど常に話題を振りまき、
花組トップ娘役就任後1996年退団。
その後、数々のテレビ、映画、舞台、ラジオ、CMと幅広いシーンで活躍する中、
香港映画『夜間飛行』で主演、歌唱した歌が、台湾のベスト・オリジナル・フィルムソング賞(金馬奨)を受賞、
’07年CDアルバム「ミスティ・ムーン」(BMG JAPAN)をリリース。
近年は歌手としてオーケストラ・アンサンブル金沢をはじめ、東京シティフィルハーモニック管弦楽団、
日本フィルハーモニー交響楽団、など多数のオーケストラと共演する中、
2011年年に起きた東日本大震災が本人の心を大きく動かすきっかけになり、
ギタリスト笹子重治氏とのデュオによるアコースティックライブを2012年より全国各地で展開。
2015年に満を持して笹子氏のギターと純名のヴォーカルだけの
デュオアルバム『Silent Love?~あなたを想う12の歌~』がビクターエンタテイメントより発売。
オーケストラとのホールコンサートから、ギターやピアノとのデュオライブまで、
規模を問わない音楽活動を精力的に展開中。
現在TOKYO FM?『ありがとう、先生!』にレギュラー出演中、
NHK教育テレビ『リトル?チャロ』のチャロ役を好演。
http://www.risajunna.com/


■笹子重治プロフィール
1958年、神戸市生まれ。
ブラジリアン・スタイルのギタリストとして、パウリーニョ・ダ・ヴィオーラやナラ・レオン等
多くの来日ブラジル人アーティストとセッションを重ねた後、
86~87年にかけてブラジルで活動。帰国後、「ショーロクラブ」を結成し、
現在までに23枚のアルバムをリリース。
また、2004年にはインストグループ「コーコーヤ」を新たに立ち上げ、
アルバムを5枚発表した他、純名里沙をはじめ、EPO、比屋定篤子、Ann Sally、桑江知子、
大島保克、宮沢和史、NUU、古謝美佐子、畠山美由紀、松田美緒、
chie umezawa、照屋実穂、手嶌葵、吉田慶子、鈴木重子、大島花子、
落合さとこ、池田綾子、かとうかなこ、桑山哲也、小松亮太等、
J-POPから民謡までの歌手やインスト奏者のサポート、CDプロデュース、
レコーディング、アレンジ等多方面で活躍中。
2010年、初のソロアルバム「onaka-ippai」発表。
最新作は、純名里沙とのデュオアルバム「Silent Love ~あなたを想う12の歌」。
ただいま「武満徹ソングブック・コンプリート(仮題)」製作中。
作曲の分野でも、ふたつのインストユニットでの多数の楽曲の他、
各共演歌手との共作、ブラジルの国民的作詞家パウロ・セザル・ピニェイロ、ルーツサンバの長老、
故ギリェルミ・ジ・ブリート、日本でも人気の高いシンガーソングライタージョイスとの共作などもあり、
それぞれCD化されている。
http://sasa-g.com/

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10