News

ザ・なつやすみバンド「ツアーファンタジア」

ザ・なつやすみバンドのツアーが決定!
7月20日(水)発売の3rdアルバム『PHANTASIA』のリリースツアー!
カウアンドマウスでは佐世保と熊本公演を協力します。

チケット予約開始:7月15日(金)より! 

佐世保公演
日程| 2016年9月27日(火)
会場| LAST (佐世保市下京町8-16-2F)
時間| 開場 19:30 / 開演 20:00
料金| 前売 2,500円 / 当日 3,000円 (ドリンク代別途)
出演| Opening:the bento band / Special Guest / なつやすみバンド / Dj:Ryoji
予約||0956-88-8971(LAST) / メール予約はこちら
主催| LAST


熊本公演
日程| 2016年9月28日(水)
会場| NAVARO(熊本市中央区南坪井町10-1 be-9ビルBF)
時間| 開場 19:00 / 開演 20:00
料金| 前売 2,500円 / 当日 3,000円 (ドリンク代別途)
共演| オープニングアクト:Love Samba DEES ※ザ・なつやすみバンドは21時演奏スタート(予定)
前売チケット取扱:NAVARO / TSUTAYA 書店熊本三年坂チケットカウンター 他
チケットWEB予約:http://www.longsixbridge.com/
お問合せ/チケットご予約: [NAVARO] 096-352-1200
主催| LONG SIX BRIDGE



ザ・なつやすみバンド.jpg

ザ・なつやすみバンド
中川理沙(vo、pf)、高木潤(b)、村野瑞希(dr)、MC.sirafu(スティールパン、tp)
2008年4月「毎日が夏休みであれ!」という信念の元、結成。
温かくも透き通った伸びやかな歌声、叙情的かつセンチメンタルな歌詞とメロディにはどこか懐かしさがあり、
ピアノ・ベース・ドラム、そしてスティールパン・トランペットなども加わったアンサンブルは、
ストレンジで癖になる唯一無二のサウンドを生み出している。
2012年6月に満を持してファーストフルアルバム『TNB!』をリリース。
自主制作ながら好セールスを記録し、第5回CDショップ大賞へも錚々たる
メジャーアーティストと並んでノミネートされ、
現在でもロングセールスを続けている。2013年、「サマーゾンビー」を短冊8cmシングルCDでリリース。
そして2015年3月、メジャー進出となる待望のセカンドアルバム『パラード』を
スピードスターレコーズよりリリース。
NHK「助けて!きわめびと」のメインテーマに「パラード」が使用され、
8月にはNHKEテレ「シャキーン!」とのコラボ曲「D.I.Y. 〜どこまででもいけるよ」がオンエアー。
そして2016年7月、待望のサードアルバム『PHANTASIA』リリース。
この夏FUJI ROCK'16にも出演し、今夏を席巻する(予定)!
http://natsuyasumi.hiyamugi.com/




アルバム情報
3rd Album 『PHANTASIA』2016年7月20日(水)発売
自主制作ながら話題となり、第5回CDショップ大賞へも錚々たるメジャーアーティストと並んでノミネートされた
ファーストアルバム『TNB!』、そこから約3年振りとなったセカンドアルバム『パラード』で
まさかのメジャー進出を果たしたザ・なつやすみバンドのサードアルバム『PHANTASIA』が完成!
温かくも透き通った伸びやかな歌声、叙情的かつセンチメンタルな歌詞とメロディ、ピアノ・ベース・ドラム、
そしてスティールパン・トランペットなども加わったアンサンブルで、
ストレンジで癖になるサウンドを生み出してきたザ・なつやすみバンド。
今作のレコーディングには、ストリングスやホーンも加わり、男女混成の多彩なコーラスワークはより美しく、
絶妙なバンドアレンジもあいまって唯一無二のサウンドはさらに進化、深化。ファンタスティックな宇宙的名盤!
NHK総合「助けて!きわめびと」のエンディングテーマ曲として好評の「森のゆくえ」も収録。

1.  ファンタジア
2.  Odyssey
3.  FULL SWING !
4.  森のゆくえ(more deeply)
5.  O.V.L.U.V. part1
6.  Donuts
7.  GRAND MASTER MEMORIES / ザ・なつやすみバンド feat.嫁入りランド
8.  lapis lazuli
9.  summer cut
10.  O.V.L.U.V. part2
11.  蛍
12.  ハレルヤ

 

flex life ~15th anniversary "GETTING BETTER" 7inch Analog Release Tour~

その時代を彩った、色褪せる事のない名曲の数々。
ファッション含め、ライフスタイルに影響を受けた人も多数。
拠点を熊本に移し、休止を経て活動再開。
そんな『flex life』も、はや15周年。
シンプルな弾き語りで魅せるソウルフルで魅力溢れる2人組のリリースツアーです!

そんなお祝いの場所に、ゲストとして、
声を発した瞬間に、その場の空気を自分の世界に引き寄せ、
自分の音楽遍歴から生み出されるバラエティー豊かな楽曲に、
時に「祈りのようである」と言い表される唯一無二な声を持つ『杉瀬陽子』が華を添えに駆けつけますよ。

この組み合わせは、見逃し厳禁。
いろんな輝きが垣間見れる、この日だけのスペシャルを体感してください!!


日程|2016年8月22日(月)
会場|ハルモニア(姫路市延末1-80 2F)
出演|flex life / 杉瀬陽子
時間|開場 19:00 / 開演 19:30
料金|前売 3,000円 / 当日 3,500円(ドリンク代別途)
予約|info.himejiharmonia@gmail.com / 080-3136-2673 (ハルモニア)

※件名に[flex life × 杉瀬陽子]と明記の上、
お名前・お電話番号・チケット枚数をご記入いただき、
上記メールアドレスにお申し込み下さい。 確認後、折り返しご返信致します。

 

◼︎ flex life
70年代シンガーソングライター発、ヒップホップ経由の名盤と
呼ばれたalbum”それいゆ”で2000年デビュー。
大倉健(G)と青木里枝(Vo)のアコースティック・ユニット。
最新作はIndigo Jam Unitを迎えたフォーキーな作品"Wild Cat Blues ”
共作、楽曲提供等に、Indigo Jam Unit/太田裕美/Choro Club
畠山美由紀/一十三十一/羊毛とおはな等。CM音楽やナレーション。
Speech (ex. Aresterd Development ) の来日公演においてOpening Act。
熊本在住。
デビューから15周年。i-tunes等で初期作品の配信開始と、
セルフカバー (新作 ” Getting Better ”)を アナログ盤/配信にてリリース中。
FB→https://www.facebook.com/iloveflexlife/
TW→https://twitter.com/flexlife1
blog→http://blog.goo.ne.jp/flexlife

 

杉瀬陽子.jpg

■杉瀬陽子
奈良出身 大阪在住のシンガーソングライター。
母の様に包み込む優しさと、少年の様に無垢な力強さ。
一見相反する要素を絶妙に併せ持つ独特な歌声は、
一声で観客をノスタルジックな世界に引き込み、叙情的な歌詞は、
それぞれの心象風景を、目前に描き出す。
その凄みを直に感じられるライブは必見。
ポップス、ロック、パンク、ソウル等、多岐に渡る音楽ジャンルの経験を経て産み出される楽曲は、
バラエティに富んでいて、飽きることなく楽しませてくれる。
2011年 1stアルバム『音画』リリース。
2012年 現代美術家 ヤノベケンジ氏の作品「SUN CHILD」の
公式テーマソング『太陽の子』を制作し、シングルCDとしてリリース。
奇妙礼太郎トラベルスイング楽団のゲストボーカルとして「FUJIROCK FESTIVAL’12」に出演。
2013年 2ndアルバム『遠雷』リリース。全国23箇所におよぶレコ発ツアーを敢行。
2014年 HARCO主催「HARCOの春フェス2014」でHARCO、堀込泰行(ex.キリンジ)と共演。
HARCO×堀込泰行×杉瀬陽子で『口笛は春の雨』を共作。
2015年 3rdアルバム『肖像』リリース。
URBAN RESEARCH DOORS「LIFE STYLE TAILOR」2014年S/S、A/Wのイメージムービー 音楽担当。
グリコ「メッセージポッキー」CM 作曲・歌唱担当。
http://sugiseyoko.com/

 

hello love vol.10☆『蔡 忠浩(bonobos) × 次松 大助(the miceteeth) × 金 佑龍』

THANK YOU SOLDOUT!!

姫路ハルモニアで開催される人気のイベント「hello love」。
早いもので今回で記念すべき10回目。
主催者が大切に温めた、お馴染みの3組をお招きして盛大に行われます。
心のこもった贈り物をぜひ受け取ってくださいね!

皆様にとって素晴らしい一日となりますように。
完売する前に、お早目のご予約をどうぞ♪


日程|2016年8月13日(土)
会場|ハルモニア(姫路市延末1-80 2F)
時間|開場 17:00 / 開演 18:00
料金|前売 3,900円 / 当日 4,500円(ドリンク代別途)THANK YOU SOLDOUT!!
予約|info.himejiharmonia@gmail.com / 080-3136-2673 (ハルモニア)

※件名に[hello love]と明記の上、お名前・お電話番号・チケット枚数をご記入いただき、
上記メールアドレスにお申し込み下さい。 確認後、折り返しご返信致します。

追加情報などCow and MouseのFacebookをチェック!


■蔡 忠浩(bonobos)
レゲェ/ダブ、ドラムン ベース、エレクトロニカ、サンバにカリプソと
様々なリズムを呑み込みながらフォークへ向かう、
天下無双のハイブリッド未来音楽集団『bonobos』のヴォーカル&ギター&リーダー担当。
酸いも甘いも、多少包み隠しながら書く、人間味のある歌詞と、
言葉にならない気持ちを音に変換させ、音楽を作り、奏でる。
ここ数年はバンドやソロ活動の枠を越え、舞台の音楽監督や映像への音楽提供なども行う。
http://saichung-ho.com/


■次松 大助(the miceteeth)
2014年に活動を再開したTHE MICETEETHのボーカリスト。
フジロック、サマーソニック、カウントダウンジャパン等多くのフェスティバルへも出演。
ソロ活動としては主にピアノ弾き語りでの演奏の他、
管楽器、弦楽器を巧みにアレンジした1stソロアルバム「Animation for oink,oink!」や、
宅録を軸にしたアンサンブルを収めた「Ballade for Night Zoo」をリリース。
その他CM楽曲や映像作品への楽曲提供など多数の制作をおこなっている。
ミュージシャン活動以外にも音楽誌、ファッション誌でのコラム連載等をおこなうなど、
活動は多岐に渡る。宮城県在住。
http://taisuke-tsugimatsu.jp/


■Kim Wooyong
金 佑龍(キム ウリョン)
K-POPぽくない洋楽然とした邦楽を目指す旅する酔いどれ吟遊詩人。
2002年cutman-boocheというBANDを大阪で結成し
2004年から2011年解散までに数々の作品をリリースし、多方面から評価され、
John Butler TrioやTeteといった海外アーティストのO.Aや
FUJI ROCK FESTIVALをはじめとする数々の大型Fesにも出演しオーディエンスを沸かせる。
cutman-boocheを解散後、2011年中旬からギター片手に日本中旅をする。
2013年6月19日に2年半の沈黙を経てソロ名義で初のAlbum 「Live in Living」をリリース。
同年10/23にはSOULの伝道師45率いる45トリオ
【45 a.k.a. SWING-O(Key)、Sunapanng(Bass)、久保正彦(Dr)】との
コラボアルバム「キム・ウリョンと45トリオ」をリリース。
更にこの度2014年6月11にFISHMANSの名曲『ナイトクルージング』を
12インチアナログレコード+CD封入の形式で
FLAKE RECORDSの全面協力で全国リリース。
口コミを中心にじわじわ各地でリアクションの輪が出来てきている模様!!!
ふわりふわりとヒリヒリの中にメランコリック、トラディショナル、オーガニック
サーフミュージック経由の音遊びその隙間に入り込むループサンプリングに
人懐こいハスキーボイスは黒人音楽にも強く影響を受けた痕が見える。
何処かの誰かに似てるようで何処の誰にもないオリジナリティー。
時々3人~6人編成で 全国を絶賛好評行脚中!
トムウェイツとチャーリーチャップリンと山田かまちに憧れ
ラムとウイスキーと落語が大好物である。
一方、自身のsessionBAND型プロジェクトPAHUMA名義と
BIGNOUN名義で河原真(ROCK’A’TRENCH)脇山広介(tobaccojuice)中嶋康孝(スピカ)と結成し活動を始める。
http://www.kim-wooyong.com

 

1