News

Rachael Dadd + Will Newsome + ICHI "Sparkling Spring Japan tour 2016"

RachaelDadd-W-Iチラシデザイン1000.jpg

デザイン:よつめ染布舎 小野豊一

レイチェル・ウィル・イチの3人がきらめく春の訪れのようにイギリス・ブリストルからやってくる!!

生活の一部のように日常に寄り添い、小鳥のさえずりのように心地よくフォーキーな歌声の”レイチェル・ダッド”

アフリカのハープとも言うべき楽器「コラ」の奏者でクラムボンの原田郁子氏とコラボレイトした経験のある”ウィル・ニューサム”

みたことのない楽器が飛び出す、キラキラのおもちゃ箱をひっくり返したようなひとりサーカス楽団”イチ”

日本で久しぶりにこの3人が揃って観れる!!
ということもあり、それぞれソロだけでなく、レイチェルとウィルからなるこのユニット”ザ・ハンド”や、
そこにイチが加わった編成など今回は会場によっていろんな演奏形態で見せてくれます。
なかでも”ザ・ハンド”はなんと、4年ぶり!新曲も沢山披露される予定!

ハンドメードで温かくてオーガニックなパフォーマンスをお楽しみ☆


●5月3日(火)@神戸・神戸市立王子動物園ホール
●5月4日(水)@鳥取・わらべ館いべんとほーる
●5月5日(木)@尾道・浄泉寺
●5月8日(日)@淡路島・アート山大石久也美術館 野外舞台
●5月10日(火)@愛媛・和光会館(旧和光幼稚園)


【神戸公演】
日程|5月3日(火・祝)
会場|神戸市立王子動物園ホール(神戸市灘区王子町3-1)
時間|開場 13:00 / 開演 15:00
料金|前売 3,300円 / 当日 3,800円 (ドリンク代別途) ※小学生以下無料
共演|コトリンゴ
出店|MAHO-ROBA
ワークショップ|MUSIC ZOO
予約&お問合わせ|cowandmouse1110@gmail.com / 080-3136-2673 (ハルモニア)


【鳥取公演】 Rachael Dadd + ICHI「イングリッシュ・パレード」
日程|5月4日(水)
会場|わらべ館いべんとほーる(鳥取市西町3丁目202)
時間|1回目 13:00~ / 2回目 15:00~
料金|大人 500円 (入館料) ※高校生以下無料
お問合わせ|0857-22-7070 (わらべ館)


【尾道公演】
日程|5月5日(木)
会場|浄泉寺(尾道市西久保町2番2号)
時間|開場 18:00 / 開演 19:00
料金|前売 3,000円 / 当日 3,500円
出店|ホホホ座尾道店 コウガメ
予約&お問合わせ|oisoi@mac.com / 090-8243-0658


【淡路島公演】
日程|5月8日(日)
会場|アート山大石久也美術館 野外舞台(淡路市楠本2159)
時間|開場 15:30 / 開演 16:00
料金|前売 3,000円 / 当日 3,500円 ※小学生以下無料
予約&お問合わせ|cowandmouse1110@gmail.com / 080-3136-2673 (ハルモニア)
協力:ねこのて舎 / NPO法人淡路島アートセンター

※雨天時は室内で開催。詳細は後日ご案内します。


【松山公演】
日程|5月10日(火)
会場|和光会館(旧和光幼稚園)(松山市緑町1丁目2-1)
時間|開場 19:00 / 開演 20:00
料金|前売 3,000円 / 当日 3,500円
出店|utaco drip
予約&お問合わせ|cowandmouse1110@gmail.com / 080-3136-2673 (ハルモニア)
協力:音ノ晴レ文ミ


--------------------------------------------------------------------------------------

※ご予約の際、件名に[Sparkling Spring ○○公演]と明記の上、
お名前・お電話番号・チケット枚数をご記入いただき、 
上記メールアドレスにお申し込み下さい。確認後、折り返しご返信致します。

--------------------------------------------------------------------------------------

 

rachael dadd.jpg

Rachael Dadd(レイチェル・ダッド)
英国・ファーナム出身。
ブリストル在住。ミュージシャン、テキスタイルアーティスト。
ギター、バンジョー、ウクレレ、クラリネット、ピアノを演奏する歌い手。
17歳でファーストアルバムをリリースしてから現在まで10点をこえる音源作品を発表し、
2014年9月に新作アルバム "We Resonate" をリリース。
また、ハンドメイド・ブランドMAGPIEを立ち上げ、テキスタイルで数々の展覧会、ワークショップを行い、
幅広く精力的な創作活動を行なっている。
http://www.rachaeldadd.com


Will Newsome.jpg

Will Newsome (ウィル ニューサム)
イギリス・ブリストル在住のシンガー/プレイヤー。
アフリカで演奏される民族弦楽器Kora(コラ)を習得するため
ガンビアに長期滞在して習得し、ウクレレ、ギター、ピアノ、ハーモニウムなど
多彩な楽器も演奏し詩的で情緒あふれる音楽を奏でる。
唄声は勿論のこと、しゃべり声まで聴くと不思議と心温まる声の持ち主。
レイチェル・ダッドとのデュオ、The Hand(ザ ハンド)も精力的に活動し、
日本では、クラムボンの原田郁子氏とコラボレイトしていていたり、
ソロ作としても「a means of escape through a hedge」、「Winter Shed」を発表している。
http://www.somenewwill.blogspot.com

 

The Hand Valpolicella.jpg

The Hand (ザ・ハンド)
日本で精力的な活動で多くのファンをつかんだRachael Dadd (レイチェル・ダッド)と
Will Newsome (ウィル・ニューサム)によるデュオ。
唄とピアノ、そしてコラ、ギター、バンジョー、ウクレレなどの弦楽器アンサンブルによって、
りんご、みつばちやすずめばち、ロシアのおとぎ話、ボートや水上での生活について唄う。
イギリス・ブリストル在住。「BERRIES FROM THE RUBBLE」をリリース。
The Handでの演奏は今回4年ぶりで、新曲も沢山披露される予定です。

 

ICHIアー写2.jpg

ICHI(イチ)
英国・ブリストル在住。
「mono」、「memo」にひきつづき昨年、新作アルバム「maru」をリリース。
スティールパン、木琴、様々な自作楽器を演奏し唄い
日本全国、ヨーロッパ、オーストラリア、ニューヨークなどでライブパフォーマンスを行っており、
NHKで放送中のアニメーション「おんがく世界りょこう」の
主演アニメキャラクターのモデルでもあり、楽曲提供もしている。
奇想天外、おもちゃ箱をひっくり返したようなステージングをみせる、"ひとりサーカス楽団 ICHI!"
http://www.ichicreator.com

kotringo370_main.jpg

コトリンゴ kotringo
5歳よりピアノを始め、7歳で初めての作曲をする。
1999年、神戸の甲陽音楽院を卒業後、ボストンのバークリー音楽院に留学。
ジャズ作・編曲/ピアノパフォーマンス科専攻。
在学中には教会でのクワイヤのレギュラーピアニストや、
バークリーのヴォイス科のピアノ伴奏の仕事も務めながら、数々の賞を受賞。
学位を取得後NYへ移り、様々なギグに参加。
2005年秋より自宅での曲作り/デモテープ作りを始める。
2006年3月、坂本龍一がナビゲーターを務めるJ-WAVE「RADIO SAKAMOTO」の
オーディションコーナーにて、のちに2ndシングルとなる『にちよ待ち』がオンエアされ、
坂本龍一プロデュース「ロハスクラシックコンサート」にも出演。
2006年「月桂冠・つき」のCMソングとなり話題になった
『こんにちは またあした』で日本デビューを飾る。
翌年、1stアルバム『songs in the birdcage』を発表。
以降、現在までにカヴァーアルバム、ミニアルバム、
バンド名義のアルバムを含む、9枚のアルバムを発表。
2013 年、新しいメンバー を迎えて再生/始動する新生<KIRINJI>に加入。
ソロ活動とともに、<KIRINJI>メンバーとしても 活動を開始。
2014年3月にはドラマ「明日、ママがいない」(NTV 系)の主題歌「誰か 私を」(シングル) をリリース。
同曲を含む、待望のフル・アルバム「birdcore!」を発表。
ソロ作品のほか、「新しい靴を買わなくちゃ」「くまのがっこう」「BECK」など
映画のサウンド・トラックや多数のCM音楽を手がけるなど、クリエイターからの支持も高い。
他アーティストへの楽曲提供やレコーディング参加、ライブサポートなど、活動は多岐にわたる。
現在オンエア、放送中のTVアニメ「幸腹グラフティ」のサウンド・トラックを担当。
2015年3月25日に「Edible melodies~TVアニメ「幸腹グラフィティ」
オリジナルサウンドトラック~」をリリース。ライブ活動も多く自身のツアーのほか、
WORLD HAPPINESS、SUMMERSONIC、FUJI ROCK FESTIVAL、
SWEET LOVE SHOWER など数々の音楽フェスティバルにも参加している。
卓越したピアノ演奏と柔らかな歌声で、浮遊感に満ちたポップ・ワールドを描きだす
女性シンガー・ソングライターとして各方面から注目を浴びている。
http://kotringo.net/