Calendar

イベント  2015-12-06 (日) ~ 2015-12-06 (日) 18:00~

「きっとまた恋をする vol.6」

Cow and Mouse presents
「きっとまた恋をする vol.6」
”そうです、音楽に恋をしてみてください”
ハーバーランドの海沿いに漂う
異国情緒を演出する赤煉瓦倉庫で開催する音楽イベントVol.6。

出演は浜田真理子×寺尾紗穂。
シンプルにピアノと歌の共演です。
ピアノに向かう佇まい、そこから綴られる言葉とメロディはとても美しく、
恋に落ちる瞬間がいくつも生まれることでしょう。

当日は美味しいフード出店もご用意してお待ちしております。

日程|2015年12月6日(日)
会場|FELICE TRANSMIT FLOOR HARBOR(神戸市中央区東川崎町1-5-5)
時間|開場 17:00 / 開演 18:00
料金|前売 3,500円 / 当日 4,000円(ドリンク代別途)
出演|浜田真理子 / 寺尾紗穂
出店|ワンダカレー店
予約方法|チケットフォーム または メール予約(cowandmouse1110@gmail.com
※メール予約に方は必ず下記フォーマットをご記
入の上お申し込み下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■予約フォーム
・公演日
・お名前(フルネーム)
・人数
・連絡先(お電話番号)
※キャンセルの可能性のあるお申込はご遠慮くださいますようお願いいたします。
※ご予約のメールの到着後3営業日以内にメールにてご返信いたします。
※返信メールがない場合は、お手数ですが再度ご連絡ください。
※携帯で受信される方は、PCメールが拒否設定されていないか、ご確認をお願いいたします。
※座席を設けておりますが定数を超えた場合、立見となりますので予めご了承ください。
※未就学児童入場無料。だだし、座席が必要な場合はチケットをご購入ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お問い合わせ|Cow and Mouse  / ハルモニア(080-3136-2673)

主催|Cow and Mouse
協力|PORT CURRENT / 神戸煉瓦倉庫まちづくり実行委員会


hamadamariko (2).jpg

浜田真理子
はまだ まりこ●1964年出雲市生まれ、松江市在住。
'98年暮れ1stアルバム『mariko』をリリース。
'02年10月に2ndアルバム『あなたへ』をリリース。
'03年12月廣木隆一監督、寺島しのぶ主演映画「ヴァイブレータ」にて「あなたへ」が挿入歌となる。
'04年7月MBS・TBS系ドキュメンタリー番組「情熱大陸」に出演。
'06年大友良英プロデュースにより3作目「夜も昼も」をリリース。
地元島根を舞台にした錦織良成監督映画「うん、 何?」('08年5月公開)にて音楽を担当する。
'08年11月世田谷パブリックシアターにて、演出家久世光彦のエッセイ「マイ・ラスト・ソング」を
題材にした音楽舞台で女優小泉今日子(朗読)と共演。
'09年3月NHKドラマスペシャル「白洲次郎」にて『しゃれこうべと大砲』が挿入歌に起用される。
'09年4作目となる『うたかた』をリリース。
'11年資生堂アースケアプロジェクトCMに『LOVE YOU LONG』を書き下ろす。
'12年8月プロジェクトFukushima!のイベントを松江、郡山で開催。
’13年4月より福島や原発についての勉強会「スクールMARIKO」を松江で開催。
'13年5作目となるアルバム『But Beautiful』をリリース。
14年9年ぶりのライブ盤『Live.La solitude』をリリース。
11月初のエッセイ本「胸の小箱」を出版。
’15年4月から9月まで半年間開催の月一勉強会「スクールMARIKO2015」終了。
11月みづから責任編集による「浜田真理子マガジン~ミモココロモ」創刊。
http://www.hamadamariko.com/

寺尾紗穂A写メイン1000.jpg

寺尾紗穂
1981年11月7日東京生まれ。
2007年ピアノ弾き語りによるアルバム「御身」が各方面で話題になり、
坂本龍一や大貫妙子らから賛辞が寄せられる。
大林宣彦監督作品「転校生 さよならあなた」の主題歌を担当した他、
CM、エッセイの分野でも活躍中。
安藤桃子監督作品「0.5ミリ」(安藤サクラ主演・2014)や
中村真夕監督作品「ナオトひとりっきり」(2015)にも主題歌を提供している。
2015年3月にアルバム「楕円の夢」を発表。
路上生活経験者による舞踏グループ、ソケリッサとの全国13箇所をまわる「楕円の夢ツアー」を行う他、
毎年青山梅窓院にて「りんりんふぇす」を主催。
著書に「評伝 川島芳子」(文春新書)、「原発労働者」(講談社現代新書)、
「南洋と私」(リトルモア)などがある。
http://www.sahoterao.com/